マネーを増やしたい方は、
ぜひ当
株式投資クラブ
まんてん21
VIP特別会員にご入会を!







当サイトでは、良質の情報をご提供致しておりますが、最終判断はあくまでも自己責任で行って下さい。
当方は一切の責任を負いかねます。



あなたは 2244925番目の
       
御客様です
VIP特別会員申込
今月の特選銘柄
 特選銘柄1 更新 5/31
 特選銘柄2 更新 1/15
持ち株銘柄相談
会員の広場 (掲示板)
まんてん21へ質問・意見
株式投資情報網
証券会社ホームトレード
会社概要

メールマガジン登録・解除
電子メールアドレス(半角):

 

Powered by Mag2 Logo

 

このサイトはInternet Explorer4.01以上(除くMacintosh版)、Netscape Communicator4.06以上でご覧ください。

個別チャートもこちらからどうぞ

今日の雑感 更新履歴:2017/02/22

● 少し株価が弱含みするとたちまち疑心暗鬼という弱気の虫がうごめく。もちろん信用取引をされている投資家ならその傾向はモロに出てくるようだ。

 NYダウやS&P指数などの米国株が新値追いに付いて行けない2月14日以降の日経平均株価のもたつきぶりを見ていると「何か変だ」と用心もしたくなる。ヒョットしたら「全般的に急落に向かう兆しでは?」とも思われる。或いは「今期の業績はもう株価に織り込み済みなのかといった感じもある。

 もう一つ日経平均株価がモタついている理由としては、トランプ氏が米大統領に就任してから1ヶ月が経過。あの派手なパフォーマンスに振り回されがちだったメディアやマーケットもそろそろトランプ離れしてもよいタイミングだろう。3月14日〜15日のFOMC(米連邦公開市場委員会)でFRBが利上げに踏み切るかどうか注目され、その3月15日はオランダの総選挙や4月20日には期限となるギリシャ国債の償還(約14億ユーロ)そして4月23日のフランス大統領第1回投票があり、「地政学リスク」に関わる問題がメジロ押しとなってくる。

 兜町の噂ではトランプ大統領と安倍総理という会談よりも麻生副総理との話しでは、日本は為替操作ではないと主張したようで、「日本は75円台という円高にも耐えてきて、技術改新が進めてきた」と。更にトランプ氏は「日銀によるETFはどうなのか。株価操作ではないのか」・・・と反論。そう問われると日本は一番困った質問と思われる。

 年金銘柄の代表的な銘柄。大東建託(1878)、明治HD(2269)、コスモス薬品(3349)、大正薬(4581)、コーセー(4922)、SMC(6273)、ホシザキ(6465)、ヒロセ電(6806)、ファナック(6954)、シマノ(7309)、良品計画(7453)、ニトリ(6943)、しまむら(8227)、リログループ(8876)、日本電産(6594)、ファーストリテイリング(9983)などの株価1万円近く〜3万円台銘柄をうまく調整して、日経平均株価を駆使して高値水準をキープさす手法だ。

 東芝(6502)の株価が乱高下している。東証1部で現在日経採用銘柄225に入っているわけだが、東証2部へ格下げはほぼ間違いないところだ(シャープも1部→現在2部へ降格)この手の銘柄は海外ファンドの絶好のターゲットとなる。政府もメガバンクも救済してくる可能性は高いと思われる。上場維持となれば数年先は500円か?当面は300円付近までと考えられる。

 ・アスクル(2678)の火災。安く買うチャンスは到来中だろう。

○ 「今日の気になる株」は記載しておりません。


【今日の気になる株】

会員様限定の情報とさせて頂きました。=> こちらをクリック!
Copyright 2001 manten21, all rights reserved.